歯周病・歯槽膿漏 - 歯周基本検査から歯周基礎治療、歯周外科治療まで、歯周病の予防と治療で“歯を残せるよう”サポートしています。

歯周病・歯槽膿漏

当院の治療 - 歯を生かす、歯を残すための歯周病治療
  • トップページ
永久歯の抜歯原因調査
歯周病自己診断 - あなたの歯は大丈夫?
歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏! これらはすべて歯周病です。
自己診断で危険度の高かった方はお気軽にご相談ください。

歯周病自己診断チェックの結果について
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
歯周病と全身疾患 - 健康な口腔環境で本当の健康を!
歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏! これらはすべて歯周病です。
自己診断で危険度の高かった方はお気軽にご相談ください。

歯周病の予防と改善
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
歯周病の進行 - 歯周組織は歯を支える土台です!
歯周病は“中等度の歯周炎”であっても「あれっ? 何か変だなぁ」
といった程度の違和感にしか感じられないかもしれません。
しかし、歯周病は確実に進行しています。
少しでも気になる方は当院に早めにご相談ください。
歯肉炎
歯肉炎

歯周ポケットの深さ 3mm以内
歯周病菌によってバイオフィルムができ、歯周ポケットが形成されています。歯ぐきが炎症し、少し赤く腫れていますが、自覚症状はありません。

バイオフィルム
多数の細菌の凝集塊(プラーク)と細菌の死骸などが石灰化した歯石の塊です。

まだ歯ぐきに限局した状態で歯槽骨などの破壊はありません。
ご自宅での口腔ケアと治療によって健康な状態に改善することができます。

軽度歯周炎
軽度歯周炎

歯周ポケットの深さ 3~5mm程度
バイオフィルムの拡大によって歯周ポケットも深まり、歯根深部への歯石付着が始まります。歯ぐきの炎症も大きくなり、出血や排膿など自覚症状も現れ始めます。

歯を支える歯根膜や歯槽骨の破壊はこの頃から始まります。

中等度歯周炎
中等度歯周炎

歯周ポケットの深さ 4~7mm程度
歯周ポケットがさらに深まり、歯槽骨の破壊によって歯ぐきは下がり歯根露出が始まります。歯のグラつきもこの頃からです。

歯ぐきからの出血や排膿が頻繁に起こるようになり、口臭もきつくなってきます。

重度歯周炎
重度歯周炎

歯周ポケットの深さ 6mm以上
歯のグラグラが大きくなり、その痛みから物が噛めなくなってきます。
歯ぐきからの出血や排膿も収まらず、口臭もさらにひどくなります。

末期的な症状で、そのままにしていると歯は抜け落ちてしまいます。
歯を残すことが難しい場合は抜歯による治療になります。

  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
歯周基本検査 - 歯周病の進行度を診る検査
当院では初診時および定期健診時に歯と歯ぐきの健康状態を診る歯周基本検査をおこなっております。
問診
日頃の口腔ケアの状況をお聞きします。
効果的に予防するために、食事・飲酒・持病や日頃のストレスなどについてもお聞きします。
歯周ポケット深度測定
歯周ポケット(歯肉溝)の深さは歯周病の進行度を診るもっともわかりやすい指標です。
歯周ポケット深度測定歯周ポケット深度測定
歯の動揺度検査
歯を支える歯槽骨のなくなる歯周病は、進行するにつれて歯のグラつきが大きくなります。
このグラつきを診るのが歯の動揺度検査で歯の側面に力を加えて診ます。
歯の動揺度検査歯の動揺度検査
レントゲン検査
レントゲン検査

レントゲン写真により歯槽骨など歯周組織の状態を把握することができます。

歯列全体の感染状況はパノラマ写真、感染部位の詳細はデンタル(1~3歯の写真)を用います。

  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
歯周基本治療 - 歯周病治療の基本中の基本!
歯周病のほとんどは口腔内の汚れからくる歯周病菌の増殖(バイオフィルムの拡大)によるものです。
そのため、口腔内を徹底的に衛生的にする治療が中心になります。
TBI(歯磨き指導)
TBI(歯磨き指導)

毎日の歯磨きは口腔内の衛生を保つ最も効果的な方法です。
また、歯科医院で治療をしても正しい歯磨きができないと、治療そのものが無意味になってしまいます。

TBIでは染め出しによる磨き残しチェックをおこない、患者様に合った正しい歯磨き方法を説明します。

スケーリング(歯石除去)

スケーリングは歯面に付着した歯垢(プラーク)や歯石を除去する治療で、歯周病の治療や定期検診時の予防処置としておこないます。

歯石は強固にこびり付いているため歯磨きでは落とせず、口腔内の汚れに繋がります。口腔内を衛生的に保ち健康を維持するためにも必要な治療です。

ルートプレーニング(歯根面クリーニング)

スケーリング後におこなう治療で、歯根表面に付着した歯石や歯周病菌に侵されたセメント質や象牙質を除去する治療です。

その後、汚れの再付着を防ぐために歯根面を滑らか(滑沢)な状態にします。これは歯肉の健全化を促すことにもなります。

ルートプレーニング(歯根面クリーニング)
歯周病応急処置(重度の歯周病で初診の場合)
重度の歯周病で歯がグラグラしていると、日常生活に支障をきたしたり、大切な歯が抜け落ちてしまうかもしれません。
このような場合は応急的に隣の歯に固定する処置(暫間固定)をします。
状態によっては、周囲の歯への影響を考慮して抜くこともあります。
その他の歯周基本治療
虫歯の治療 不良補綴物の交換 不良修復物の治療
咬合機能の回復処置 歯周ポケットの殺菌・洗浄 知覚過敏症の治療
噛み癖の改善 生活習慣の改善 歯周病の説明
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
歯周外科治療 - 確かな技術で治癒を目指します!
歯周基本治療によって歯周病が改善に向かっても、破壊された歯周組織が健全な状態に戻ることはなかなかありません。このような場合、歯周ポケットの除去を目的に歯周外科治療をおこなう場合があります。
歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット内の炎症した歯肉や歯根面の歯石、汚染したセメント質を徹底的に除去し、殺菌・消毒します。
その後、歯根面を滑らかな状態にして歯肉の付着を促し、歯周ポケットの減少を試みます。
歯周ポケット掻爬(そうは)術
フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)
歯肉を切開して歯根や歯槽骨を露出させ、炎症した歯肉や歯根面の歯石、汚染したセメント質を徹底的に除去し、殺菌・消毒します。歯根面を滑らかな状態にして歯肉を縫合し、歯周ポケットの減少を試みます。
状態に応じて歯槽骨切除術や骨移植術もしくは人工骨移植術を併せておこなう場合があります。
フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)
組織再生誘導法(GTR法)
歯周病によって失った歯肉や歯槽骨などの歯周組織を特殊な保護膜(メンブレン)を使用して再生する手術です。保護膜は再生に時間を要する歯根膜や歯槽骨のためにスペースを確保する目的で使用します。
組織再生誘導法(GTR法)
エムドゲイン®ゲルによる歯周組織再生療法
組織再生誘導法(GTR法)と同様に失われた歯周組織を再生する手術です。
保護膜(メンブレン)ではなくゲル状のエムドゲインを使用して歯周組織を再生します。
エムドゲイン
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る
伊勢原市の歯医者さん「たいよう歯科」

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなど具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
いきなりの来院の場合は、かなりお待たせすることがありますのでご理解をお願いいたします。

公開している電話番号は患者様専用です。
患者様の迷惑にもなりますので、業者様など治療以外のお電話はお控えください。

アクセスマップ 診療時間・休診日
  • トップページ
  • このページのトップへ戻る